読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長期投資(インデックス投資)への心構え; ライフプラン表を作る

f:id:suireN:20160817204522p:plain:h480

での「自分の収支を把握」することについて。

複式家計簿(複式簿記で家計簿をつけるようになるまで - NonoSama is here.)と同時期に始めたことはライフプラン表を作ることだった。

ライフプラン表とは、家計の超長期収支計画をしるしたもので、これからの収入と将来にわたるイベントから発生する支出をまとめ、最終的には老後の資金計画までをまかなうものである。ライフプラン表を作成するうえでは、支出額もそうだが、支出が発生するタイミングや支出として発生する事象をある程度正確に見積る必要があると考えている。支出を正確に把握することで、自分にかける保険の金額の妥当性を評価できたり、老後までにいくら貯める必要があるかを把握することにも役立つ。

この記事では、将来発生しうるある程度の額がある支出に焦点を当てる。できる限り、支出額の根拠となる資料を示すようにしているので適宜参照してほしい。なお、発生する支出に対してはある程度計画的に積立てを行う予定であるため、積立てて用意しようとしいるものについては一時支出として挙げている。

将来の支出項目を洗い出す(支出計画)

一時支出として出ていくものについては積立貯金を行う方針である(*印のものを一時支出・臨時支出とする)。基本的には、支出する単位(子どもの出産費用や大学の授業料など)で区切って積立てていこうと考えているが、生活にまつわる諸経費については、項目が変動することもありそうなので、任意積立金というくくりにする。

一時支出の算定諸元

結婚にまつわる諸費用 [fn:recruit-mp_2015bridal] ゼクシィ結婚トレンド調査2015

  • *挙式費用 :: 1,200,000円
  • *新婚旅行 :: 700,000円
  • *新居準備 :: 770,000円

[fn:recruit-mp_2015bridal] によれば結納・婚約~新婚旅行までの費用は次のようになる。

[東海の場合] 費用平均(万円)
結納式の費用 17
両家の顔合わせの費用 5
婚約指輪 35
(結婚式以前小計) 57
結婚指輪(2人分) 24
挙式、披露宴・披露パーティ総額 348
(結婚式小計) 372
新婚旅行 68
新婚旅行土産 14
(新婚旅行小計) 82
511

挙式、披露宴・披露パーティの費用としての親・親族からの援助総額の合計は、東海平均186万円。同様に御祝儀は170万円。結婚式の挙式、披露宴の費用を折半するとして約100万円/人なので、平均との誤差を鑑みて120万円と見積っておく。また、新婚旅行は82万円となっているが、まずは純粋な旅行費用として70万を目安に積むことにした。

新居準備費の77万円は要再調査。

教育費 [fn:mext_h26] 平成26年度子供の学習費調査

  • *私立幼稚園 :: 1,080,000円/3年
  • 公立小学校 :: 320,000円/年
  • 公立中学校 :: 480,000円/年
  • 公立高校 :: 410,000円/年
  • *国公立大学 :: 550,000円/年(入学料300,000円)
  • *入学前支度金 :: 900,000円

幼稚園は私立の可能性もあるため、一年で38万円として、3年間で108万円。入学前支度金は、教材や制服の購入費に充てる、大学は一人暮らしをする仮定のもと少し多めに積む。内訳は、幼稚園:5万円、小学校:10万円、中学校:15万円、高校:20万円、大学:40万円。

養育費 [fn:cao_h21] 平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査

  • *出産 :: 250,000円
  • 未就園 :: 560,000円/年
  • 園児 :: 580,000円/年
  • 小学生 :: 660,000円/年
  • 中学生 :: 780,000円/年
  • 高校生 :: 860,000円/年
  • *大学生 :: 1,200,000円/年
  • *結婚式 :: 1,000,000円

[fn:cao_h21] による養育費には服飾や食費も含まれているため、一旦は生活していくなかで費用は吸収していけばよいのではないかと思っている。大学時代の養育費については、仕送りを月に12万円する想定。結婚式の拠出金額はとりあえずの想定。

介護・葬儀

未定。そもそも老後に必要となるであろう費用と併せて考える必要あり。

住宅購入

購入の予定は今のところないため、資金計画には含めない。参考資料としては [fn:recruite-mp_2015life] がある。

生活にまつわる諸経費

現在の家計簿をつけるなかで定期的に発生しているものを挙げている。当面は車を買い替えたり、旅行にいく余裕がないため、一旦費用としては計上していない。

  • *NHK :: 12,730円/6ヶ月
  • *DROPBOX :: 14,400円/年
  • *車検 :: 150,000円/年
  • *車両保険 :: 120,000円/年
  • *車買い替え :: ???円/年
  • *旅行 :: ???円/年
  • *実家帰省 :: 45,000円/年
  • *妻お祝い :: 秘密

これらは合わせて任意積立金というくくりにして、そこで枠をとって貯めるようにしたい。

参考

[fn:recruit-mp_2015bridal] 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」
http://bridal-souken.net/research_news/trend.html
http://bridal-souken.net/data/trend2015/XY_MT15_report_06shutoken.pdf
http://bridal-souken.net/data/trend2015/XY_MT15_report_11tokai.pdf

[fn:recruite-mp_2015life] 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ「ゼクシィ新生活調査2015」
http://bridal-souken.net/research_news/xy.html

[fn:cao_h21] 内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」, 第3章5.出産前後の費用について
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/cyousa21/net_hiyo/mokuji_pdf.html

[fn:mext_h26] 文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/1364721.htm