読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複式簿記で家計簿をつけるようになるまで

もともと、このアプリでざっくりと支出だけは把握するようにしていた。

支出管理

支出管理

これだけで、月別の支出をグラフで表示したりすることができ便利に使っていたのだが、お金に対する意識がなさ過ぎたせいか、ただの支出の記録になってしまっていて、見直すということが足りていなかった。
結果、貯蓄がいっさいできておらず、支出の管理まではできていなかった。その後、貯蓄をする必要性に迫られ、固定費支出や日々出ていくお金を見直していくにあたり、もう少し体系的にお金の流れを管理したいと思っていた。

ことの始まり

ledger で帳簿をつけるようになった - ardggy's blog を読んで、ん? ledger とはどういう意味だ?総勘定元帳?どうやら簿記の世界の言葉のようだ。簿記であれば、お金の流れを把握できるのではないかという漠然とした期待があった。それから、複式簿記について調べていくなかで、家計簿を複式簿記でつけたらよいのではないだろうかという思いに至った。

iPhoneアプリ複式簿記をつけ、hledgerでB/SやP/Lを作成する。

もともと、研究室時代にLINUX(といっても、UBUNTUだが)を使っていたこともあり、コマンドラインのツールは馴染みやすかった。これに加工したCSVを食わせれば、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)をコマンドライン上で出力できそうだ。最初はledgerを使おうかと思っていたが、導入が面倒だったので、hledgerの方を使っている。

勘定科目については、家計簿であるため、ある程度自由につけてもよいかと思うが、生活費の費目以外は実際の会計で使われそうなもを使っている。iPhoneアプリは何個か試してみたが、以下のものが入力の手間がなく、すばやく行うことができる。

このアプリで家計簿をつけ始めてから、4ヶ月目になるが、おおむね便利に使わせていただいている。日々の財布から出す現金はその都度つけることにしているが、それ以外は 月初に前月分の仕訳をまとめて行う に倣って月末にまとめて銀行通帳から転記するようにしている(クレジットの引き落としはその明細ごとに)。あとはCSVで吐かせて、少し加工してコマンドライン上でB/Sを出力する。

凡そ、次のように。

airbk% hledger -f taxnote.csv bs
using conversion rules file ~/Documents/bookkeeping/taxnote.csv.rules
Balance Sheet

Assets:
              347681  Assets
              112200    Cash
                2509    CashShortage
              232972    Savings Account(MUFG)
--------------------
              347681

Liabilities:
            -3596728  Liabilities:Scholarship
--------------------
            -3596728

Total:
--------------------
            -3249047

とんでもない負債をかかえていることが分かる。(hledgerでは、純資産項目は計算されないようだ)

また、次のようにP/Lを見ることで、支出の割合を把握する。

airbk% hledger -f taxnote.csv is
using conversion rules file ~/Documents/bookkeeping/taxnote.csv.rules
Income Statement

Revenues:
            -1314334  Income
             -121280    Miscellaneous Income
            -1193054    Salary
--------------------
            -1314334

Expenses:
             1203174  Expenses
               43792    Clothing
               71261    Communications
               16189    Educational
              255658    Entertainment
              198041    Food
              149718    Housing
               11600    Insurance/Tax
               24018    Medical/Daily Necessities
               67195    Other
               70000    Salaries
               90000    Savings
              168220    Transportation
               37482    Utilities
--------------------
             1203174

Total:
--------------------
             -111160

私の家計簿は、13費目からなっている。ただし、貯金額を費用として勘定することには何かと不便を感じているため、費目から外すことを検討している。